レーシック体験記

皆さんレーシックというものをご存知でしょうか。目にレーザーを当てて

視力を矯正して視力を良くする手術です。

 

以前タイガー・ウッズがレーシックをやったということで話題になりましたが、

私も10年ほど前にレーシック手術を行いました。

 

レーシックと防災がどう関係するのか?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、私がレーシックをやった理由の一つに、災害にあったときに自分の身を守るというのもありました。

 

当時私は「ド」がつく近眼で、裸眼では視力0.1を下回っていました。

新聞などの文字を読む時は新聞紙にくっつくぐらい目を近づけなくては

読めませんでしたし、ちょっと離れた人の顔はぼやけて見えないほどでした。

 

3.11東日本大震災が起こるより前の話ですが、当時私は仮にこんな視力で

夜中大地震が起きてメガネがどこに行ったかわからなくなったら命の危険がある

と考えてレーシックを行うことに踏み切りました。

 

以下レーシックを受けたときのことを簡単に説明します。

 

 

まずはレーシック手術を行うクリニックに検査で何回か行くことになります。

レーシックは角膜にレーザーを当てて削るので角膜に十分な厚みがないと

手術自体ができません。私は角膜の十分な厚みがあったので手術は問題なく行われました。

 

いよいよ手術の日、歯医者で座るような椅子に座らされ、

目を開く器具で閉じないように固定されました。その後点眼麻酔されて

まずは角膜の表層をめくられます。この時点で目は開いていても像を結ばなくなり、

一時的に失明します。その後数十秒レーザーを照射され、めくられた角膜の表層が元にもどされて手術は終了します。手術自体は両目でも数分で終了しました。

 

術後、リラックスできる部屋に通されて、1時間ぐらいは目をつぶって安静にしたのち、

その日のうちに帰宅することができます。

 

術後一ヶ月の間は一日何回も目薬をさすことになり、視力も安定しません。

私の時は遠視気味になり、逆に近くの物が見にくくなりました。

 

しかし術後数年たった今は全く問題なく近くも遠くも見ることができますしメガネの

煩わしさもなくたったので個人的にはレーシックをやってよかったと思っています。

 

※手術である以上100%安全ということはないということもあり、私は人に積極的に勧めてはおりませんので、レーシックを行うかたは自己責任でお願いします。m(_ _)m

 

0

    << | 2/46PAGES | >>

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    カテゴリー分類

    月別記事一覧

    最近の記事

    自己紹介

    ブログ内を検索

     

    others

    モバイル

    qrcode