色彩やかな選べる 5色の防災ずきん 【BOZU(ボーズ)】

早いもので、年明けてあっというまに2月ですね。
新入学生のお子さんがいらっしゃる親御さんは、学校の準備が大変だと思います!

 

我が家にも小学校に入学する新一年生がおりまして、学校準備で本当バタバタとしております。
その中で、結構何を買っていいか悩むのが『防災ずきん』です。

 

「価格安いもので大丈夫か?」、「機能的に大丈夫か?」
正直何を選んでいいのか?分りませんですよね??

 

防災ずきんの選び方を専門家の意見を参考に簡単に書いてみます。


【防災ずきん選びの豆知識】

『防災頭巾』とは、災害発生時には頭にかぶって頭部を保護するために使うもの。

 

)漂劼困んは本当に必要なのか?

総務省消防庁(= http://www.fdma.go.jp/html/life/sack.html

 

「防災ずきんは必要です」。

消防庁の避難時の必需品の中には防災ずきんがリストインされます。


∨漂劼困んのメリット、

・短時間であれば周囲の熱から頭部・頭髪を保護する効果も期待できる。

・頭部から肩に掛けてを保護する構造になっている。
 但し、固くて重いものが衝突した際にはヘルメットほどの防御力があるわけではない。

・小学校等では、普段は座布団として身近で使用できる。

・軽量で折り畳んでコンパクトに収納できるなどの特徴を持つものも多い。


K漂劼困んの選び方

相場は、1,000円前後〜8,000円くらいまで

※価格の差は防災頭巾に使っている難燃性の生地の使用の有無によるところが大きい。

 

ずばり選ぶPOINT
1)値段が張っても難燃加工のもの
2)話し声や外の音が聞き取れる、耳の部分に穴が開いているもの
3)頭頂部分の衝撃吸収性をたかめているもの


専門店ではアルミ製の物をすすめられましたが・・・

 

 

 これは、被らせたけど・・・

 クラスの子にからかわれても可哀そうだし
 うちの子アレルギーがあるので、アルミ製はあきらめました!

 

 

そんな中、上記選ぶPOINTを加味しつつウチの子が

大変興味を持ち、カミさんも一発OKだったのが、この「防災ずきん」

 

『色彩やかな選べる 5色の防災ずきん BOZU(ボーズ)』

 

裁縫の苦手なお母さんには、優しい専用カバーもあります

 

防災ずきんの選ぶPOINTが網羅されてます(↓)

 

さらにさらに他の防災ずきんには無い特徴として(↓)

【防災防犯ホイッスル・サイコール】【個包装マスク付き!】が付いてくる

 

がれきに閉じ込めらたらホイッスル吹いて居場所も伝えられるし

火事が起きても煙を吸うことなし安心・安心・

 

 

◆商品使用レポート

市販のものと比べてみたよ

※黄色がBOZU、青色は市販のものです。
他には見ない縫製。シッカリと立ちますよ。
この丈夫さが衝撃吸収性に優れており、頭頂部分が守られますね

 

この厚さこそ安心の厚さです!端を持っても折り曲がらないんです!

 

 

首まで保護の安心サイズ。

 

ふかふかしてるから、学校の椅子もフカフカでお尻にやさしい!!


防災ずきんですが!頻繁に使う物ではありませんが
大切な子どもの身を守ることだから納得した物を買うことをオススメします。

LIFEZACK
2月中旬発売予定!!
0

    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    カテゴリー分類

    月別記事一覧

    最近の記事

    自己紹介

    ブログ内を検索

     

    others

    モバイル

    qrcode